FC2ブログ
プロフィール

和歌山県内初 「かんぶつマエストロ!!」

Author:和歌山県内初 「かんぶつマエストロ!!」
株式会社野田商店
代表取締役社長 野田智也

和歌山県海南市で創業70年になる「乾物・飲料・業務用食品」の卸売業を営んでおります。
スポーツと本と飲み会が大好き、昭和51年生まれの44歳です。
妻と中学校1年の娘がいます。
常に前向き楽天家で、典型的なAB型だそうです。
見た目からは分からないですが、内に熱い思いを秘めております。

党派は「甘党」です。
似顔絵、そっくりそのままです。
facebookもよろしくです!!
かんぶつ出張授業や、講演も行ってます!!
黒色のセレナで走り回ってます!!
今は「お菓子発祥の地・海南市」を広めようと奮闘中。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
78位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かうんたー

「め」って!?

よくお客様から、
昆布を「」に使うんです~って、お聞きします。

さて、何のことでしょう

僕も、普段使っているものの、
なぜ「」なのか、調べてみました

それは、「お多芽(おため)」。

結納・結婚のお祝いを頂いた時、その場でお返しとして、
頂いたお祝いの金額・御祝品の有無には関係なく、
ほんのちょっとした気持のものをお返しします。
それが、お多芽です。


その「」のことなんでしょう
和歌山では、みんな「」「」言ってまして、
初めは「」の何に使うの?って思ってました

要は、お祝い事のお返しのことで、
昆布は「よろこんぶ」で、縁起が良いものとして、
」に使ってくださるんですね

今日ほど、「」っていう文字を使ったこと無いかも~

色々と、オモシロい風習があるもんですね~



スポンサーサイト